邪道モテ! オンナの王道をゆけない女子のための新・モテ論
犬山 紙子 峰 なゆか
宝島社
売り上げランキング: 3889

こんにちは!!以前モテたいという一心でインターネットに言葉を書き連ねていた赤穂です。
今ですか?テクを重ねてある程度顔と性格も見れるようになり、結婚までできました。そんな赤穂がですね、『邪道モテ!』をやっと読みました。
作者は今をときめく『アラサーちゃん』の作者で元AV女優のなゆゆこと峰なゆかさんと『負け美女』の作者でエッセイストの犬山紙子さん。二人の対談形式でばっさばっさと女性を斬りながら進んでいく本です

やー、これ面白いわ!
冒頭にも書きましたけど、私はかなり非モテをこじらせていた時期がありまして、いや、非モテではなかったはずなんだけど、もっとモテたい、もっとモテたい、と思っていた時期があり、なぜかずっとインターネットに真摯なまでに向き合い、文章を書き連ねていました。拗れてる!
なんでモテたいのに外に出ないのか、メイクを一つでも変えればいいのにそれをせずに文章を書き綴っている赤穂、これを拗らせている以外の何というのか…
そういう過去がある女が読むともう胸が痛いを通り越して、はー、わかりますわかります。という気持ちになります。
正直いいますと、本編が始まって2pくらいでもうビールのプルタブ開けるくらいの勢い。とりあえず共感したところに赤鉛筆で線引いてよって言われたら、印がつかないページはないと思う。

内容の一番濃いところは、モテのタイプを「王道モテ」「邪道モテ」「非モテ」に分け、なおかつさらに分類しているという。その分類は本でぜひ読んで欲しいんだけど、自分はどのタイプなのか考えるだけでも結構面白いと思います。え?赤穂ですか?バリバリの王道モテです。

ーーー嘘です。
邪道モテ内の自虐モテに近いと思います。

大まかにカテゴライズしており、作者二人が考えるそのカテゴリーの女子のイラストがあるので、外見は@@モテだけど中身は@@モテ、というふうにタイプわけも多様になってくる、イラストとそこについてるコメントだけでも一見の価値があります。
コメントでぐっときたのは「しょぼいお花から綿レースが垂れてるコサージュ」と「総スタッズのルブタン、戦闘力の高い小物が好き」です。わ、わかるわー!!

そして邪道モテで良ければ、モテるテクニックが凝縮された本です。そもそも王道モテの女の子にこれは読んで欲しくないね。
外見が王道モテで、中身がサブカルとかそんな最終兵器彼女はいてほしくないです。エマージェンシー!!

さてこの本、どんな女性でも楽しめると思うけど、過去非モテをこじらせており、尚且つ悪口が好きな性格が悪い女性が読むとすごい楽しいと思います。もちろん私含め。あ、あと男の人の感想も聞きたいな!!(というこれも一種のモテテクですね)

正直言いますと、帰省中の電車の中でカバーもかけずに本を開いたり閉じたりしながら、iPadで延々感想書いている私の状態が一番モテません!!

Twitterフォローお願いします⭐︎

おすすめの記事